2010年06月08日

<土壌汚染訴訟>売り主に賠償責任なし…売却後判明に初判断(毎日新聞)

 土地の売買後、土壌に含まれた物質が有害物質と認定された場合に売り主に賠償責任があるかどうかが争われた訴訟の上告審で、最高裁第3小法廷(堀籠幸男裁判長)は1日、「売買契約時に危険性を認識することができなかったような場合、売り主は責任は負わない」との初判断を示した。その上で、売り主側に賠償を命じた2審判決を破棄し、買い主側の請求を退ける逆転判決を言い渡した。

 東京都足立区土地開発公社が91年に土地を購入、01年になって環境基本法でフッ素が有害物質と認定された。その後の調査で土壌にフッ素が含まれていることが判明したため、公社側は売り主の化学製品メーカー「AGCセイミケミカル」(神奈川県茅ケ崎市)に除去費や土壌調査費など約4億6100万円の賠償を求めた。1審の東京地裁判決(07年)は請求を棄却。2審の東京高裁判決(08年)は「売却後に有害性が認識された場合でも売り主に賠償責任がある」として除去費約4億4890万円の支払いを命じていた。

 これに対し、小法廷は「売買契約時には、フッ素の有害性は認識されていなかった」と述べ、同社側の賠償責任を否定した。【伊藤一郎】

【関連ニュース】
築地市場移転:都が土壌汚染見逃し損害 住民グループ提訴
東京・築地市場移転:豊洲土壌汚染問題 住民グループ、移転先巡り都知事らを提訴
大田の汚染土壌除去訴訟:費用負担取り消し求めた上告を棄却 /東京
前工跡地の有害物質:土地契約合意書、市に意見求める−−地裁、弁論 /群馬
築地市場移転:豊洲土壌汚染問題 基準甘い合意書、民主「都民への背任」 /東京

<シー・シェパード>元船長公判 6月10日で結審へ(毎日新聞)
老朽水道管 大阪29%…全国平均の5倍 事故も相次ぐ(毎日新聞)
「病気で仕事できぬ」生活保護費470万円詐取容疑 元暴力団組長ら逮捕(産経新聞)
<銃刀法違反容疑>「忍者の武器」所持で社長ら書類送検(毎日新聞)
426億円補正予算案 6月県議会に提案 宮崎県(産経新聞)
posted by イソノ ヤスオ at 01:40| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

6万もらったら即行でホテルに連れ込まれたぞ!!!
しかも洗ってない俺のくっさ〜いチ ン ポにパックンチョwww

なんだかんだで5回くらいイかされたしな!!
オレも性 欲強いほうだけど、こんな女にゃ勝てねぇよ!!wwww
http://cybersyndrome.info/pan/wouarcuy/
Posted by 絶倫のオレが完全敗北www at 2010年06月15日 04:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。